2019年問題 太陽光発電どうするか

雑記



こんにちわ。ごまぞうです。

我が家もこの2019年問題に直面しています。

我が家は、2011年に太陽光発電を4.4KW家に載せており、

2021年で固定価格買取制度の保証期間が終了する予定です。

買い取り価格は42円

一年を通して、一か月平均12000円程度かな?

売電があります。

この固定価格買取制度が終了することが話題になっていますが、最近では少しづつ固定価格買取制度終了後の

買取価格を提示している会社が増えているように思います。

某電力会社では10円/kWhで買い取りしてもらえるそうです!!!!

、、、

、、

、安っっ|д゚)泣

毎月ばらつきはありますが、だいたい12000円の売電収入があった我が家では、この価格が

だいたい4分の1になるということです、、、

ショック、、( ;∀;)( ;∀;)

つまり、3000円ぐらになるということ。

我が家は余剰電力買取ではなく、なぜか全量買取なので、電気代を差っ引いて、、

赤字になる計算です、、( ゚Д゚)

今まではほぼ毎月プラスでした(´・ω・`)

 

それでこれをどうするか日々悩んでおります。

さて、どうするか、、、

 

調べている中で有効な手段は2つありました。

 

まず一つ目は、

蓄電池を購入すること!!

蓄電池を購入すれば、売らないで使用できるため、余った電力だけ売ればいいという話でした。

かといって、少し余るぐらいの電力ではお金にならないだろうから、

結局、電気代はプラスにならないけど、電気代もほとんど払わなくていい!という感じかな?

ただの想定だけど、、

それで、たまたまリフォーム会社の人が営業でうちに来たものだから、

蓄電池いくらですか?って聞いてみたんですが、

なんと、最新のモデルで300万!!!( ゚Д゚)( ゚Д゚)

これプラス工賃らしい( ゚Д゚)

うちぐらいの太陽光の大きさだとこれぐらい必要だって”(-“”-)”

高すぎる|д゚)

これだといくら売電でマイナスにならないようにできるからって、

蓄電池本体代でチョーマイナスなんですけど!!( ;∀;)

 

これだけ大きい問題になってるんだから、もしかしたら、蓄電池は国の政策がのちのちあるかもしれないとう

ことで購入は保留にしてもらいました。。

 

あと一つの手段は、

全量買い取りから余剰買取にすることだそうです!!

少し工事が必要になるそうですが、現実的にできるそうで、これだと蓄電池代もかからずに済み、

電気代をマイナスにせず、余った電力だけ売ればいいのだそうです。

 

まだ買い取り期間は残っているため、具体的には何もしていないのが現状ですが、

それでも我が家は後者を現在のところ検討しようと考えています。



コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました