幼児へyoutubeを見せるのはよくない??我が家の対策法!!

子育て,生活

こんにちわ。ごまぞうです。

我が家には二歳の娘がいます。

知り合いや家族が娘にyoutubeを見せるのがきっかけで娘がyoutubeにハマってしまい、また、youtubeを見せることで娘がおとなしくしてくれるのがとても助かるため、私も娘もyoutubeの虜になってしまいました。しかし、youtubeの長時間の視聴は幼児に対して悪影響も多いそうです。

そこで今回は、youtubeを幼児に見せるときの注意点や悪影響と我が家の対策法を話していきたいと思います。

 

まず、youtubeを幼児に見せるときの悪影響ですが、4つ上げられます。

①視力が悪くなる

幼児は映像との距離感が全く計れません。我が家はテレビでyoutube動画を見せていますが、テレビの目の前に立ち、見ようとするのです。テレビと30cmも距離がないところで見ようとするためにいつも注視しなくてはならず、しょっちゅう注意して遠くで見せるよう心掛けています。

 

②自分で考えることができなくなり、実際に遊びで学ぶ時間が少なくなる

youtube動画を覚えてしまうとそればかり見るようになり、外にも出なくなりました。家の中でもいつもyoutubeを見たい衝動にかられ、おもちゃで遊ぶことが少なくなり、また、地上波の子供向けのテレビも見なくなります。やはり、それ以上にyoutube動画が面白いということなのでしょうか。学ぶ機会が減っているのは確かだと思います。

 

③現実世界と混同させるようになる

テレビでyoutube動画を見せていると、テレビの中(映像の景色)を触ろうとします。例えばですが、テレビの映像なのにテレビに子供が映っていれば、子供をなでなでしようとします。映像の認識がまだ足りないのだと思います。また、夢の中にも出てきているようで、寝言にも出てきます。まだ、現実でないということを認識できないように思われます。

 

④時間を守れなくなる

youtube動画が好きすぎて、動画に気を取られてお風呂やご飯も済ませられなくなり、保育園やお出かけするにも簡単に行かなくなり、遅刻気味になる。

 

 

悪影響が分かっていてもyoutube動画は魅力的で、メリットも多い!!

その為、簡単に見せないほうがいいということにもなりにくいです!!

なので、我が家は付き合い方を制限してうまくyoutubeと付き合っていくことをおすすめしたいと思います。

 

我が家のyoutubeとの付き合い方や対策法ですが、

①スマホではなく、テレビでの視聴に制限する

3歳以下の乳幼児にスマホで動画を見せていて、目に穴が開いたというのを聞いたことがあります。

スマホで動画を見せるのはどうしても距離が近くなりがちです。なるべくテレビでの視聴を心がけて欲しいと思います。

テレビで見るときでも照明などを気にして目に負担のかからない明るさで見るなどの対策も必要です。

 

②交換条件を出して、達成できたら見せてあげる

お風呂に入ったらyoutube見せてあげるねとか、着替える間だけ見せてあげるねとか、ご飯ちゃんと食べたから見せてあげようとかしたら、最初のうちはできないことが多くても逆にyoutubeを見たいから頑張るようになります。そしたら、youtubeもうまく活用できて、ちゃんとお風呂やご飯も済ませられるようになりますよ。

 

③用事の時間が来たら、スパッと切り替えて動画を止める

youtubeは本当に便利です。ワンオペの場合、お皿洗いをしたいとか、洗濯や片づけしたいとき、子供を背負いながらは非常に大変です。少しの間、子供一人でテレビ見てくれるのは非常に助かります。少しの間はyoutubeを見せて、保育園に行く時間が来たらすぐ動画の視聴をやめるとか、用事が来たらスパッと切り替えるのでいいと思います。親の都合によって、youtubeを見ててほしい時間は変わるとは思います。何回でもいいので、用事が来たらグズッてもスパッと動画の再生をやめるようにしましょう!

 

まとめ

youtubeは非常に便利なツールです。活用するに越したことはありません。子供への悪影響を十分に理解して、うまく付き合っていくのが一番だと思います。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました