ASD持ちは人間関係は避けるべき理由

発達障害

こんにちわ。ごまぞうです。

今回は、ASD持ちは人間関係は避けるべき理由ということについて話していきたいと思ってます。

特に、科学的根拠はありません。

またしても私の経験談からの話になります。

 

ASD持ちの私ですが、病院や職業訓練センターなど障害者向けの指導なども一通り受けており

勉強もそれなりにしてきましたが、

 

うまく人間関係を悪く潤滑にするのを目的に気を付ける点など、注意してきましたが、

最初のうちは、変な人だなとかで済むと思うんですが、やはり、長続きしません!!

必ず、ボロが出て、うまく行かなくなります!

 

発達障害持ちにとって、訓練や指導、薬などはほんの付け焼刃でしかないのです!!

 

かくなる上は!!

 

人間関係を避けましょう!!

 

これしかありません。

逃げましょう。

 

最近流行りの一人でキャンプ動画とかYOUTUBEで多いですが、一人の時間を作りましょう。

日々に音楽を取り入れ、

独りの時間を楽しむ。

 

それが一番!

もし、寂しくなったら、家族や親しい友人のみを頼りましょう。

 

決して、人間関係を避けるススメをしているからと言って、働かないということではありません。

働かないと生活できない人がほとんどだと思います。

 

働くにしても理解してもらえない職場環境なら自分から逃げていいとおもうのです。

理解してもらう努力は必要ですが、努力した結果、それでもだめだと感じた場合は、

転職も手だと思います。

 

発達障害は本当にデメリットでしかないですが、

治すこともできません。

やり直すこともできません。

 

うまく付き合っていくしかないというのは、あると思います。

しかし、人間関係はいつまでもうまく行くものではないので避けるべきだなというのは

感じています。



 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました