転職のデメリット3つあげてみた

転職

こんにちわ。ごまぞうです。

転職8回目に突入しているごまぞうの思う転職のデメリット3つを紹介していきたいと思います。

デメリットその①お金がいつの間にか無くなる

転職するといっても間髪入れずに働いていたとしてもお金は減っていきます。下手したら、生活費が足りずに借金する羽目になります。とにかく、お金の切れ目というのを作ると家計の計算がうまく行かなくなります。次の仕事の道具など生活費などの必要経費は意外とかかるものです。

予想通りに行かずに気付けばお金が無くなっていきます。

これはおすすめしません。

失業保険を受給する

おススメしないのは、失業保険をもらうことです。結構定番だったりしますが、失業保険をもらうまでに最低でも4か月は穴をあけることになります。その間、支給条件を満たすためにハローワークに通ったりしないといけませんし、バイトを入れることも条件が厳しく、難しい状態になります。

さらに最短で運よく就職できたとしても1カ月は働いてからの給料受け取りになりますし、試用期間などでさらに3か月給料が減るため、合計4か月はまともに生活がままならなくなります。そのため、結構なお金が無くなっていくことになります。

 

もし、転職するとしたら、なかなか実行するのも大変ですが、仕事に就いている間に転職先の面接など終わらせて、合格してから退職するのがおすすめです。これも双方の会社に迷惑を掛けることになりますが、当分の生活費に余裕がない場合は上記のパターンよりはこちらの方がお金は目減りせずに済むでしょう!

 

 

デメリットその②信用がなくなり、自信がなくなっていく

何回も転職していますが、転職後すぐに即戦力になれるなんてことはほぼ聞いたことがありません。どこに行っても初心者で高卒と同じレベルになります。年取って転職すると年下の人が先輩という状況も出てくるでしょう。いくら前の会社でベテランでも転職すれば、威張ることはできません。

バリバリ仕事していた人ほど転職しないほうがいいでしょう。自信がなくなっていきます。転職すればまた石の上にも三年です。リセットされて、下積みの時代がやってきます。

自信がなくなり、家族や友人ともまともに話しずらくなります。

彼女が居れば、結婚なんて夢のまた夢になります。お金も無くなるし、結婚していれば、家での居場所はなくなります。

仕事にやる気はなくなり、また、転職したくなります。この無限ループにハマっていきます。

社会不適合者の出来上がりです。

 

デメリットその③友人や昔の同僚が離れていく

お金もなくなり、更に自信もなくなり、人と関わるのがなんとなく避けるようになります。

そうすると、やはり、いくら仲が良かった友人や昔の同僚でも付き合っていくのが難しくなってきます。

一度、失った信用はなかなか取り戻すのが難しいです。

大人になれば少なからず友人と付き合う時間は少なくはなってきますが、やはり、いないよりはいるほうがいいですよね!

 

 

これらの点で転職はどうしてもしないといけない理由がない限りはおすすめしません。

 

まとめ

転職を勧めるサイトは多く存在し、最近は転職に対しても昔に比べて容認しているように思います。

しかし、キャリアアップとか私の経験では存在せず、資格を持っていたとしても、会社を変われば

使える人材とはなりがたいです。落ちていく傾向が高いように感じます。

ただ、仕事を変えるだけだと考えがちですが、大事なのは、お金のみならず、信用や自信を失うのが一番のデメリットだと思います。

 

「山奥ニート」やってます。【電子書籍】[ 石井あらた ]

価格:1,430円
(2020/9/26 22:38時点)
感想(1件)



 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました