家を購入するときの最大のリスク:20代ではまだ買わない方が良い理由

子育て,生活

こんにちわ。ごまぞうです。

家を購入するときの最大のリスクについて話します。新築でも中古でも家は高額です。

こんな記事を書いている私も購入している身ですが、

今回は、マイホーム購入のリスクについて話したいと思います。

 

ずばり、結論から言いますと、

家購入の最大のリスクは、「ライフステージの変化」です。

 

マイホーム購入では、現金一括購入する人はほとんどいないと思います。

 

大抵の人が住宅ローンを組み、最長35年のローンを組むことができますが、

繰り上げ返済などができる上、長い期間支払いすることを考えると、毎月支払う額はできるだけ安くするのが一般的だと思います。

 

そんな長い期間の中で、支払う額を高くしておくと人生何があるか分からないので払えなくなる時期も発生してくる可能性が出てくるわけで、

35年最長ではじめのうちは組む方がよいでしょう。

 

とにかく、住宅ローンを返済する中でライフステージは同じではありません。

独身の時代から、相手ができると同棲したり、

結婚や出産、子供が大きくなれば大きな車や大きな家も必要になってきます。

もっと年を取ってくれば、親の介護も必要になってくればバリアフリー化も必要になってくるかもしれません。

 

そんな中で考えが変わって来たり、仕事をしてれば、転勤など、考えたくはないですが、離婚など

も考えなくてはなりません。

 

ライフステージが変わるごとに家を変えることはできません。

その点、賃貸の方がいいかもしれませんが、

私の経験では、親が賃貸で大家さんの都合で出ていってくださいとか何回かありましたから、

おすすめではありませんが、それは個人個人で変わるかもしれませんね。

 

とにかく、住宅ローンを組むことになれば、そういった点を考慮して、家の購入は慎重に選択する必要があります。

 

特に20代の方などはまだライフステージが変化しやすい時期にあり、

結婚、出産などある程度済ませた段階で、また、出産し、ある程度大きくなってからの方が、

マイホーム購入に適した世界観に近づくのではないかなと考えています!

 



 

 

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました