毒親から受け継いだ一番悪いこと

発達障害

こんにちわ。ごまぞうです。

ごまぞうの親はいわゆる毒親です!!

まさにネグレクトと言わざるを得ないのかなと思います。

 

幼少期は毒親ならでは離婚はもちろん、

父親側ではなく、母親側についたのですが、父親は養育費なんてそんなものは払わず、、、

(昔はそんなものは普通払わないですよね??時代が違うから・・・)仕事をしないと生活はできませんから仕事はしてくれていました。

それはいいとして、仕事が終わるとすぐ夜ご飯を準備して、それから毎日パチンコに行くの繰り返し。。。パチンコが終わる時間帯まで帰って来ませんでした。

たまには、仕事を終えてそのままパチンコ店へ、、、

 

そんな日は夜飯は12時過ぎまでなく、

家にあるもので空腹をしのぐか、机の上にお金を少し置いてあり、

「ご飯これで買って食べてね」の一言。。。

 

子供を放置する、もしくは

興味がないなどがいわゆるネグレクトというそうですね。

 

話は戻りますが、

学校終わっても親がいない時間帯は、もちろん

お勉強、、、

するわけないですよね?(笑)

 

もちろん夜中まで遊びに出ていましたよ。

小学生、中学生が夜中、公園や友達の家に遊びにいくわけです。

迷惑極まりないですね。

夜中、そこらへんでたむろして大声で会話したりしているわけです。

そんなことしていたら不良少年少女の友達の輪が増えていくわけです。

 

毒親のせいでこうなったって話をしたらキリがないですが、

とにかく、自分としては、毒親が帰ってくる夜12時までの間時間潰しができればいいのです。

公園で星を眺めているだけの日もありました。

 

毒親が帰ってきて夜ご飯を食べて、寝るのは午前2時前後、、、

 

たまに、パチンコが終わり、親だけ外食してきて、子供のご飯も用意しておらず、そんな日もありましたよ。

くそな親です全く。

 

そんな日々が続くと、

当然、朝は学校に遅刻します。

遅刻が毎日続くと

学校に行くのも嫌になるものです。

 

週に一回は休んでいました(笑)

 

とまぁ、

ごまぞうの学生時代を話してなにが言いたいのかというと、

子供は親を選べない

ということです。こんな親を誰が望んだんでしょうか。

世の中の不良少年少女は全部が全部子供だけが責任があるとは言い難いと口を大にして言いたいですね!

まぁだから、青少年保護法?

みたいなのがあるんでしょうけど、

親や周りの大人、環境が悪いのもあったでしょうね。

 

そんな毒親を避けれず、また憎まずに今日も生きていますが、

そんな親から受け継いだ悪いことがいまも私を苦しめています!

 

それが、善悪の判断がつかなくなったことです!

毒親もそうですが、学生時代の友達も見た目悪くとも実際は一緒にいて楽しかったですもんね。

世の中には悪いことをしていても自分たちはときめくことをしていたというか

大人としてこういうことを言ってはいけないのでしょうが、

そのために、

この人は良い人なんだろうか悪い人なんだろうか

そんなレベルではなく、

全て悪い人も良い人も受け入れてしまう体質が出来上がってしまっています。

 

大人になって仕事をして、見た目良さそうな印象の人で悪い影響をしてくる人はごろごろいますが、

区別すらつきません。

色々悪いことが起きてからどうしようもないときになってやっとこの人は避けたほうがいいという結論に至ります。

 

毒親のせいで、悪い人と付き合う羽目になったこと

悪い人と良い人の区別がつかなくなったこと

悪い人といてもどうとも思わなくなったこと

そうした幼少期の経験から、

危険への抵抗力がなくなり、現在に至るといえます。

 

悪い言葉を言ってきてもそれが分からないということになる

仕事をしても悪い人に騙されていてもそれに気づかない。

片親家庭の不良少年少女が非行に走るのは、必ずしも毒親のせいでなくとも環境が悪くて物事のそれが悪いことか良いことかの善悪の区別がつかないからだと思う

子供のうちから色んな人に逢わせてもらい、普通の人とはどんなものか知るべきだ

そして、子供は親になったときそれを繰り返さないことそれが大事。

 

「山奥ニート」やってます。 [ 石井あらた ]

価格:1,650円
(2020/11/22 22:06時点)
感想(1件)

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました