ストレスとうまく付き合う5つの方法

発達障害

こんにちわ。ごまぞうです。

ストレスは、同じストレスでも全く感じない人と強く感じやすい人がいます。

私の場合、もちろん後者です!(´;ω;`)ウゥゥ

最近はまた転職をして、ストレスが相当かかってる状態です。

みなさんも気を付けましょう!

なので、今日は、ストレスを感じやすい人のストレスとうまく付き合う方法を5つ書いていきたいと思います。

まずはストレスに気付くことが大切

まずはストレスに気付くことが必要です。ストレスは誰でも少しはかかるものですが、

ストレスによって不調が出やすい人は、それに気づくことが大切です。

不安に感じたり、無力感ややる気がでない

食欲がない、眠れない

落ち着きがない

などがあったら、自分の身体と心と向き合い、調子を整えるように心掛けたほうがいいです。

なにが原因なのかもわかったほうがいいです。

ストレスとの付き合い方

ストレスは本来プラスに影響させるためにあります。

適度なストレスは、仕事や勉強の効率を上げたりして、プラスの影響で使うべきです。

ストレスをコントロールできない人が、夜眠れないなどの不調を引き起こしたりします。

仕事や勉強のときは、ストレスが必要ですが、

それ以外のときは、できるだけリラックスしてストレスを緩和するようにするよう心掛けることが大切です。

ストレスとうまく付き合うポイント

快適な睡眠を心掛ける

・快適な睡眠は、疲労回復やストレスの解消につながります。

まずは、自分に合う睡眠時間を知り、その睡眠時間をしっかり確保し、

睡眠を取る。

・快適な睡眠を取るには、光や音を遮断することが必要です。寝るときはスマホをいじったりしないで、寝ることに集中しましょう。

・寝る前の飲酒も睡眠の質を悪くするので避けましょう。

意外と寝る前にお酒を飲む人も多いですが、これは間違いだそうです。

リラクゼーションもいい

リラクゼーションは身体の緊張を解きほぐすのに最適です。

入浴や音楽を聴いたり、ストレッチやアロマテラピーなんかもいいそうです。

 

運動をする

息のあがらない程度の適度な有酸素運動をしましょう。

ストレス軽減の効果があるそうです。

自然を感じられる場所へ出かける

日常の環境から離れて、自然を感じられるところに出かけると心と身体のリフレッシュができます。

仕事の日はなかなか難しいとは思いますが、休日は、積極的に自然の感じられる場所へお出かけしましょう。

趣味を持つ

ひとりでできる趣味でもいいし、友人と楽しめる趣味を持つと、ストレスの緩和になります。

上の項目で言うと、友人と楽しめるスポーツなんかだともっといいです。

 



 

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました